アナリティクス記事 解析方法 記事

【YouTube API #1】YouTube Data API v3 の使い方(API KEYの作り方も解説)

アナリティクス記事
広告

はじめに

本サイトでは YouTube Data API v3 をよく使っているので、その使い方を紹介しておきます。

想定する読者

プログラミングをあまりしたことがないが、何かコードでしてみたい人。

玄人(エンジニア)など、簡単にコピペして使いたい人

APIとは

Application programming interface のことです。

すみません、意味不明ですよね。笑

かなり簡単にいうと、プログラムからサービスにアクセスするための窓口です。

これによって他のサービスとの連携を円滑にする効果が期待できます。

有名どころでいうと、YouTube や Twitter が API を公開していて、外部連携に対応しています。

API を使うことによって、YouTube ではコメントを集めたり、トレンドの動画を問い合わせたりできます。Twitterでは、あるユーザのフォロワー収集したり、公開設定のツイートを集めたりできます。

「公開されている情報をプログラムからうまく活用しよう!」という認識を持っていただけると良いと思います。

素晴らしいことに、今では個人がこのようなデータに無料でアクセスすることができる時代なので、ぜひ遊んでみましょう!

使うためには(準備)

さて、次は上で説明した API はどうやったら使えるのかを説明していきます。

本サイトでは YouTube のデータ分析を主に扱うので、YouTube Data API v3 という API に注目して話を進めます。

準備は大きく二つ

  • Google アカウントの作成
  • API KEY の作成

Google アカウントの作成(既に作成している人はスキップして大丈夫です。)

Google アカウントというのは、Google のサービスである gmail や drive を使うための登録のようなものです。

以下のGoogle アカウントのトップページにアクセスしてください。

Google アカウント
Google アカウントで情報、アクティビティ、セキュリティ オプション、プライバシーの設定を確認、管理することで、Google の利便性を高めることができます

名前や使いたいメールアドレスを設定してください。

パスワードも任意のもので大丈夫です。

次に電話番号での認証です。

無闇にたくさんのアカウントを作成されないための対策だと思われます。

自分が受けることができる番号で認証番号を取得し、画面上で入力してください。

次の画面で、生年月日と性別の入力を求められます。

パスワードを忘れたときに使用するものなので、正確な情報を入力することをオススメします。

「次へ」を押すと、電話番号の活用について聞かれますが、「スキップ」で基本的には大丈夫です。

最後に「利用規約への同意」ですが、「同意する」を押してください。

アカウントができたら、ログインした状態を作ってください。

API KEY の作成

ここが今回のメイントピックになります。

Google cloud のページにアクセスしてください。

Google Cloud Platform
Google Cloud Platform では、Google と同じインフラストラクチャでアプリケーション、ウェブサイト、サービスを構築、導入、拡大することができます。

利用規約にだけチェックを入れて、「同意して続行」しましょう。

次に画面の左上の方の「プロジェクトの選択」をクリック。

ウィンドウが開くので、右上の「新しいプロジェクト」をクリック。

プロジェクト名はなんでも大丈夫です。(基本的にデフォルトでOK)

場所については、「組織なし」のままでOK。

「作成」をクリック。

長くても数分でプロジェクトの作成が終わります。

もう一度、画面左上の「プロジェクトの選択」をクリック。

すると、先ほど作成したプロジェクトが「最近のプロジェクト」の中に追加されているはずです。そのプロジェクトをクリックしてください。

「プロジェクトの選択」の右にある検索ボックスで、「youtube data api v3」と入力すると目的の API が見つかるはずです。

クリックすると、API のページに飛べるので「有効にする」をクリックします。

ここまででアカウントでの API の準備はできましたので、プログラムからその API を利用するための認証鍵を作っていきます。

画面左にある「認証情報」をクリック。

「認証情報を作成」をクリック。

「API キー」を選択。ここで表示されるキーをコピーしておいてください(あとから「認証情報」の画面で確認することもできます)。

今回は YouTube の API 以外は利用しないので、「キーの制限」もやっておきましょう。

「キーを制限」にチェックを入れて、タブの中から 「YouTube Data API v3」を選択してください。

以上で設定が終了です。お疲れ様でした!

使ってみる(Python を使った実例)

次は、実際に API を使ってデータが取って見ましょう。

コードが整備されていて非常に簡単なことを見ていきたいと思います。

YouTube のチャンネルを指定して、そのチャンネルの情報を取得してみましょう。

まずは apiclinet.discovery というパッケージを使って、YouTube Data API v3 につなぐための準備を行います。

from apiclient.discovery import build
YOUTUBE_API_SERVICE_NAME = 'youtube'
YOUTUBE_API_VERSION = 'v3'
API_KEY = 'xxxxxxxxxx' # 取得した API キーを記述

youtube = build(
YOUTUBE_API_SERVICE_NAME,
YOUTUBE_API_VERSION,
developerKey=API_KEY
)

次に情報を見たいチャンネルの ID を使って、以下のコードを実行してください。

チャンネルID とは、YouTubeのサイト内でチャンネルのホーム画面の URL である https://www.youtube.com/channel/UCxxxxxxxx の “UCxxxxxxxx” の部分です。

channel_response = youtube.channels().list(
part = 'snippet,statistics',
id = 'UCxxxxxxxx' # 取得したいチャンネルのID
).execute()

中身を見るために print してみると、

print(channel_responce)

下のような出力になります。

{'kind': 'youtube#channelListResponse',
'etag': 'etag',
'pageInfo': {'totalResults': 1, 'resultsPerPage': 5},
'items': [{'kind': 'youtube#channel',
'etag': 'etag',
'id': 'UCxxxxxxxx',
'snippet': {'title': '対応するチャンネルのタイトル',
'description': 'チャンネルからの一言',
'publishedAt': 'チャンネル開設日がyyyy-mm-ddで記載',
'thumbnails': {'default': {'url': '',
'width': 88,
'height': 88},
'medium': {'url': '',
'width': 240,
'height': 240},
'high': {'url': '',
'width': 800,
'height': 800}},
'localized': {'title': '対応するチャンネルのタイトル',
'description': 'チャンネルからの一言'},
'country': 'JP'},
'statistics': {'viewCount': '773521910',
'subscriberCount': '1120000',
'hiddenSubscriberCount': False,
'videoCount': '3796'}}]}

チャンネルのタイトルやチャンネル開設日が取れていることがわかります。

‘statistics’の中には、総視聴回数や登録者数、投稿動画数の情報などが入っています。

今回は以上になります。

今後は分析記事で使っているコードの紹介もしていきたいと思っています。

あなたが自分の手でコードを書く助けになれば幸いです。

本サイトでは、YouTube の API を使って得た情報をもとにチャンネル分析を行ったりしていますので、ぜひそちらの記事ものぞいて行ってください。

タイトルとURLをコピーしました